プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

はじめましてー!
フランツクラブ浜松町店です!
うちのお店の美味しい楽しい嬉しい情報を絶え間なく降りしきる秋の長雨のように! 発信できたらいいなぁと思っています
美味しいドイツレストランフランツクラブをよろしくおねがいします!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 【シルバーウィークに出かけてみては?】日本にも“あの”街道があった!! | メイン | 10月になりました! »

2011年9月18日 (日)

【旅に出たい!?】ジャニー的、ヨーロッパの歩き方★

Grüß gott Alle★ Ich bin JANEY!
皆さんこんにちは!ジャニーです!


とても突然ではありますが、
実は、ジャニーが浜松町のブログを担当するのが今回で最後となってしまいましたmaple

ブログはまた別の担当者にバトンタッチですpaper


そこで、最後に何を書こうかpencilと色々考えたのですが…


ドイツに特化した仕事をさせていただいているので、
店舗では渡欧経験をお話させていただいたり、ドイツ旅行の案内をさせていただいたりする機会も多いですhappy01

私自身が旅好きairplaneshine、というのもあって、旅行の話では盛り上がりすぎてしまうこともcoldsweats01


ということで、今回はいつもと趣向を変えて、

最終回特別企画sign02
ジャニー的、ヨーロッパの歩き方runshine

と題してお話させていただこうかと思いますwink
(国内旅行でも少しは参考になるのかな…?)


ツアーでもないし、ほとんど計画をすることのない旅が多いのですがsweat02
少しでもお役にたてれば幸いですconfident


その1:地図を手に入れるべし

旅行に行く時は日本から地図付きのガイドマップを持っていくことも多いでしょう
が、出来れば現地調達がいいですねgoodshine
観光案内所があればそこへ行くと、無料もしくは安価で手に入れられますflair
キオスクにも売っていたりします24hours


ヨーロッパは細かい通りにまで名前が付いているので、地図を見れば大抵の位置は把握できますeyeshine
現地調達がいいのは、通りの名前をそのまま確認することが出来ますからねhappy01

大体のランドマークの位置関係も把握できるので、街歩きにはとっても便利ですscissors


もちろん旅の記念にもなりますからねwink

その2:高い所にのぼるべし

大きな都市には、ほとんどの場合背の高い建物がありますbuilding
登れるようであれば登ってみましょうrun


景色を純粋に楽しむ目的もありますが、
これも地図同様、ランドマークの位置関係がものすごく分かりやすいですhappy02
地図と照らし合わせてみても面白いでしょうgood

ましてや、地図には載っていない面白そうなものも発見出来たりeyeshine
街によって、まったく雰囲気が変わるのがわかりますhappy01


↑ミュンヘン



↑ケルン



↑ブルージュ(ベルギー)



↑ザルツブルグ(オーストリア)


ま、その景色にたどり着くには、階段を数百段昇らねばならなかったりするのですが(笑)


高所恐怖症の人は山や丘に登ってみるのもおすすめですfuji

こんな景色が待っているかもsign03

その3:スーパーマーケットに行ってみるべし

その土地のことをよく知るにはやはり生活圏に足を踏み入れてみるべきhappy01

市場があればもちろんそこをそぞろ歩くのももちろん楽しいですが、ある程度大きな都市になるとそれも開催がなかったり少なかったりthink

そこで一番手っ取り早くその土地のことを知るのにはスーパーマーケットが最適ですflair
野菜や果物も面白いものが売っていたり、精算のシステム自体が違ったり、食の流行もわかってしまったりlovely


各国料理のインスタント食品もそろっていることが多いので、お土産にしてもいいかもしれませんねwink

ドイツの場合、エコバック持参が当たり前なので、レジ袋は基本付きません
スーパーで売っている買い物袋は丈夫でデザインも可愛いものが多いので、これまたお土産にもおすすめですcatfaceheart04

その4:その国の言葉を使ってみるべし

「こんにちわ」「さようなら」
「ありがとう」「どうぞ・どういたしまして」
「はい」「いいえ」

などなど…本当に簡単な一言でいいんですsun


挨拶は…の回でも触れましたが、日常で知らない人同士でも挨拶をしあうヨーロッパhappy01
やっぱり現地の言葉を使うと格段にコミュニケーションが深まりますconfident

簡単なやりとりだけなら
「無理やり現地語でしゃべらなくてもいいよ」
なーんて言われたりしませんからねcoldsweats01…(笑)

その5:小銭を多めに用意しておくべし

買い物がしやすいから?
いえいえ、もっと死活問題ですsign03


それはトイレsign03

日本にない習慣として、公衆トイレでチップを払うという行為がありますtoilet
(デパートや飲食店においても必要なところがあります)

金額が決まっている場合もありますが、多くは「気持ち分だけ」というところが多いですconfident
そうなると、紙幣しか持っていない場合おつりがないんですよshock


紙幣だけではなく、ぜひ小銭も用意しておきましょうhappy02


あれ?意外とありきたりな事しか書いてない?…(笑)
いつも行き当たりばったりなので、決めていることはこれぐらいだったりするんですよねsweat02

果たして参考になったのかどうかcoldsweats01



とはいえ、時期的にヨーロッパはもう寒くなり始めていますsnow
紅葉や冬景色のヨーロッパも乙なものですconfident


もちろん、
ドイツへ行けない、、、とお嘆きのそこのあなたは、浜松町のリトルドイツへお越しくださいませませbullettrain

(前回ご紹介した日本ロマンチック街道へ出かけてもよいですね)

ご来店お待ちしておりますshineshine

さてはて今までジャニーの駄文にお付き合い頂きありがとうございましたsign01
応援頂いた皆様には感謝が尽きませんconfident

日本橋赴任時から含めると2年ほど色々書き綴ってまいりましたが、自身もとても楽しませていただきましたし、とても勉強になりましたhappy01


引き続きザート商会各店舗、並びにフランツクラブ浜松町店をよろしくお願い致しますshine

詳しいお店の情報は→フランツクラブ浜松町

twitterアカウント:@Franzclub_Hama Follow us!!


Wir sehen uns wiedersun
また逢う日まで!

Alles GutecloverTschüspaper
ジャニー

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/564089/28240243

【旅に出たい!?】ジャニー的、ヨーロッパの歩き方★を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ビアレストラン×ドイツ料理 フランツクラブ浜松町 のサービス一覧

ビアレストラン×ドイツ料理 フランツクラブ浜松町